使い方・シーン

手軽に決済

導入事例2

タクシー(配車アプリ連携)

株式会社未来都様

Anywhere アプリ連携を活用することで、タブレットひとつで配車システムとクレジット決済システムを運用しています

タブレットがあればクレジット決済がはじめられます

通信モジュールを内蔵した決済専用端末は経済的負担も大きく導入に躊躇していました。

配車システムを運用しているタブレットがありましたので、クレジット機能はもちろん、UnionPay(銀聯)機能も低コストで導入できました。

金額自動連携により操作もシンプルです

タクシードライバには高齢者も多いため、複雑な操作は現実的ではありません。

Anywhere アプリ連携活用により、売上金額も配車システムから自動的に連携しますので、クレジット決済時の操作もとてもシンプルで、安心して運用することができています。

株式会社未来都様

住所〒571-0045 大阪府門真市殿島町11番6号
導入サービスAnywhere アプリ連携(クレジット・UnionPay(銀聯)決済サービス)
業種・業態一般乗用旅客自動車運送事業
ホームページhttp://www.milight-taxi.co.jp/
ページの上部へ